茶道教室:平成24年10月

今月は中置での扱いです。

中置とは、名残の季節、秋風が涼しくなる10月頃、大きめな鉄風炉を焼物の敷瓦にのせて行う点法です。

2012年10月4日(木)・10月6日(土)

床  鳥野幸次筆 短冊
     神苑萩
       さそひ来て 鹿の音さむき あき風に
         はぎの花ちる 春日野のみや

花  芙蓉、水引
花入 唐物写六角手付篭

菓子 銘・野菊     花乃舎製
器  織部四方

釜 霰筒
風炉 時代鉄欠
敷瓦 織部
水指  御本 雲鶴細
茶碗  瀬戸白刷毛目
茶器  独楽
茶杓  金閣寺元管長 村上慈海老師作
      銘・五十鈴川
 建水  黄銅
 蓋置  錫寸胴
茶銘  宗実家元好 初の森  小山園詰

2012年10月11日(木)・10月13日(土)

床  高嵩谷筆 
     籬に萩と雀の図

花  木槿、水引、杜鵑、紫式部
花入 有馬篭

菓子 銘・梢乃錦     花乃舎製
器  織部四方

2012年10月18日(木)・10月20日(土)

今週は茶碗披きのお稽古です。

床  和翁宗中公筆 短冊
     秋の野の 萩の錦を我が宿に
      鹿の音ながら うつして志がな

花  秋明菊、竜胆、杜鵑、吾亦紅
花入 竹市松組四方手付籠

菓子 銘・小倉羹     花乃舎製
器  織部四方