茶道教室:平成26年8月

今月は風炉、長板飾りの扱いです。

2014年8月7日(木)・9日(土)

床  其心庵宗明師筆 谷古宗玄宛消息

    御芳思有難く拝誦仕り候
    三伏の暑さなどと申候うちに立秋となり
    申し候へどもなかなか暑さおとろへず
    朝夕の風のみ幾分冷氣をはこびくれ候
    やに思ふのみに候
    其後久しきなかをうちすぎ申しわけなく
    おすこやかに御一統様おすごし遊ばれし
    趣(おもむき)およろこび申し上げ候 当方も無事
    清陰に籠致します御休心下きれ度く候
    御両親様御家中御一統様によろしく願ひ候
    先づは御礼まで

    昭和二十一年八月十日
    小堀宗明
    谷古宗玄様 浄釜下

 花 芙蓉、河原撫子
花入 鸚鵡貝 釣

菓子 銘・桔梗     花乃舎製
 器 ギヤマン
     ボヘミアガラス

   長板飾り
風炉釜 遠州好 瓢箪切合わせ  根来実三作
水指 朝鮮砂張
茶器 時代梨地
     菊蒔絵平棗
茶碗 堅手
茶杓 其心庵宗明師作
     銘・かがり火
 建水 膳所 餌畚
 蓋置 萬古青磁 蟹
茶銘 宗実家元好
     初の森    小山園詰

2014年8月21日(木)・23日(土)

床  権十郎篷露公筆 雲
    雲 ふかき あたりの山に つゝまれて 音のみいづる 滝の白浪

 花 女郎花、竜胆、撫子
花入 白竹組有馬籠

菓子 銘・桔梗     花乃舎製
 器 ギヤマン
     ボヘミアガラス

2014年8月28日(木)

床  中村左州筆
    朝顔に蜻蛉の絵

 花 芙蓉、河原撫子
花入 白竹籠
    落とし染付小鉢

菓子 銘・山の香   花乃舎製
 器 ギヤマン
     ボヘミアガラス